波乗り海道パーリング

北海道でサーフィン!?日本最北の地、北海道の情報満載!波乗りブログ

北海道からハワイまでの直行便(新千歳からホノルル空港)

冷たい水温の中でもサーフィンが大好きで頑張ってる北海道サーファー。自分もそのうちの1人ですが、結構たくさんいるのです。

 

そんな北海道サーファーがやっぱり憧れるのは、暖かい気候でサーフパンツ一丁での波乗りです。今年いてもたってもいられなくなりハワイに行っちゃいました。

 

今回は北海道の新千歳空港からハワイのホノルル空港までの飛行機についてご紹介したいと思います。

 

直行便はあるの?

あります!!どうせ一度東京に行かなきゃならないんでしょ、といじけていましたが、なんと!!直行便があることが判明しました!ハワイアン航空でハワイに向かいました。1日1便みたいです。2017年11月現在の時刻表では、新千歳19:45発、ホノルル8:05到着となっております。

 

機内はどんな感じ?

1つだけがっかりしたことがあります。テレビが無いのです。前にハワイに行った時には映画を3本くらい見れたので、今回も楽しみにしていたのですが、これはいきなりショックを受けました。反面、良かったこともありました!ハワイのビールが飲めるのです!日本のビールもありましたが、なんとマウイビールが飲めるのです!これが美味しくて、一気にハワイモードに入りました。今回飲んだのは「MAUI Bikini Blonde」です。

f:id:mksurf:20170911183440j:image

 

機内食はどう?

機内食2回出ました!飛行機といえば、CAさん「ビーフ or チキン?」って言うんだろ?トラベル英会話の本で勉強したぞ。ほら、来るぞ来るぞ。Say!! ……あれ?ビーフかチキンを選べず、出る食事が決まっていたようです。チキンが無くなったのだろうか?元々1種類しかなかったのだろうか。はたまた購入した英会話の本に問題があったのだろうか。ま、細かいことは気にせず行きましょう!お酒が大好きな波待ちヤロウは、ここでも白ワインをゴクリ。しっかりおかわりしました!

 

所要時間は?

7時間30分でハワイに到着しました!「もう着いたの?」という印象で、疲労感は東京を経由して行くのと雲泥の差です。乗り換えがないので、初日から元気満々に遊ぶことができました。東京を経由するより高く付きますが、タイムロスが無い分、楽しい時間も増えると思います。

 

まと

北海道からハワイまで直行便で行ける

個別のテレビが無いが、マウイビールが飲める

飛行時間は7時間30分

 

安く行くために、新千歳から東京に行き、そこから韓国を経由してハワイに行ったこともありました。これからは直行便にして浮いた時間を思い切り楽しみたいと思った旅でした。お金も大事ですが、楽しい時間はもっと大事だと思うのです。さて、仕事頑張りますかぁ!!

ハワイのカイルアにあるサーフショップ『KIMO'S SURF HUT』で綺麗な中古サーフボードを格安でゲット

f:id:mksurf:20170911160224j:imageハワイのカイルアに行った際にナイスなサーフショップを発見しましたのでご紹介します。その名も『KIMO'S SURF HUT』です。新品のサーフボードも取り扱っておりますが、ここでのオススメはとても状態の良い中古ボードです。ハワイでお得にサーフボードを手に入れたいならここに来ると良いと思います。

 

KIMO'S SURF HUTとは

どのようなお店かざっくりイメージしてもらうために、まずはこちらの動画を御覧ください。お店のコマーシャルみたいです。


Kimos Surf Hut - Commercial

 

カイルアの街をてくてく歩いていると・・・
f:id:mksurf:20170911160159j:image交差点のところでサーフボードが目に入り大興奮!!間違いなくサーフショップです。カイルアにはピルボックストレイルが目的で来ていて、この日はサーフィンのことは諦めていたので、かなりテンション上がりました!!
f:id:mksurf:20170911160334j:image手作りの看板、いいですね〜。ステッカーなんて売ってそう。

f:id:mksurf:20170911160316j:image看板かなりかわいい感じです。
f:id:mksurf:20170911160438j:imageよかった、OPENと書いてあります!さっそく中に入ってみましょう!!

 

店内の様子
f:id:mksurf:20170911160402j:image中に入るとものすごい数のサーフボードが置いてありました。大好きなサーフボードに囲まれて仕事ができるなんて・・・羨ましいっす!!
f:id:mksurf:20170911160419j:imageこちらは中古ボード。このお店にある中古ボードは状態が良くて、価格が安いのでお得な気がします。このお店にはサーフボードがいったい何本あるのでしょうか。
f:id:mksurf:20170911160508j:image参考までに値札をパチリ。中古とはいえ、日焼けも凹みもないサーフボードが200ドル以下で手に入ってしまいます。しかもHICを始め、ハワイで実績のあるブランドのサーフボードです。
f:id:mksurf:20170911160528j:image奥の方に進むと、一際目をひくイエローのサーフボードが。
f:id:mksurf:20170911160549j:imageサーフショップオリジナルのサーフボードです。ショップのロゴが入っています。サーフボードを作るだけでなく、クラッシュしたサーフボードの修理もやっています。腕が良いので安心して任せられます。
f:id:mksurf:20170911160605j:imageDick Brewerのサーフボードもありました!!これは買うかどうか迷いましたが、Surf Garageとサーフボードファクトリーアウトレットで2本サーフボードを購入した後だったため、ここは自粛しました。
f:id:mksurf:20170911160620j:imageビンテージのサーフボードも置いてあるようです。The Busの時間もギリギリなので、今回はおとなしくワイキキに戻ることにしました。何度も振り返りながら帰りました。良いお店ですので、気になる方はぜひ行ってみてください。

 

 ハワイの人気サーフショップ

【怖い】サーファーの92%がなる目の病気 ~紫外線から目を守れ!!~ サーフィン用サングラス特集

「サーファーズイヤー」という言葉はサーフィンをしていればほとんどの人が知っていると思います。しかし、実はサーフィンでは他にも気をつけなければならない病気があるのです。それは目の病気である瞼裂斑(けいれつはん)や翼状片(よくじょうへん)です。

 

私、波待ちヤロウも瞼裂斑になってしまい、少しショックを受けています。痛みは全くありませんが、慢性的な充血に悩んでおり、見た目的にあまり良くないと思うのです。

 

これからサーフィンを始める方にはそうならないようにしてもらいたいですし、もう長年サーフィンをしていて既に目の調子が悪くなってきている方には、これ以上悪化しないようにして欲しいと思います。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。ハワイに行った時、サングラスをかけてサーフィンしてる人を見かけました。サーフィン用のサングラスがあるそうなので、ご紹介します。

 

サーファーの92%がなる瞼裂斑

f:id:mksurf:20171028192351g:plain

白目の上に白黄色の隆起ができます。これが瞼裂斑(けいれつはん)の始まりです。比較的、鼻側の白目にできやすいと言われています。その白黄色の隆起の付近が充血します。ひどくなると慢性的に目が赤い、ということになります。

 

原因は?

やはり強烈な紫外線です。サーファーに多いというのも頷けます。直接受ける紫外線だけでなく、水面を反射した光や紫外線も目に入ります。痛みなどの症状がないため、知らず知らずのうちに莫大な量の紫外線を浴びているのです。

 

対策は? 

紫外線から目を守るには、ツバの長いキャップをかぶるか、最強の対処法としてサングラスがあります。サーフィンでサングラスは無理でしょ?という声が聞こえてきそうですが、「サーフィン用のサングラス」という物が出ていることがわかりました。

 

先日ハワイに行った時に結構多くのサーファーがサングラスをかけてサーフィンを楽しんでいました。それを見て、私も買うことにしたのです。買う際に種類など色々と調べたのでご紹介します。

 

サーフィン用サングラス

サーフィン用サングラスで人気のある代表的なブランド2つを紹介します。

f:id:mksurf:20171028192751j:plainSEA SPECS

レンズは100%UVカットで有害な紫外線は100%カットすると言われています。SEA SPECSは全てのシリーズで高性能の衝撃に強いレンズが使われています。SEA SPECSはエクストリームスポーツのためにデザインされているため非の打ち所がない仕上がりになっています。もちろん、サーフィンでも安心して使うことができるのでオススメです。サイズは簡単に調節できるストラップが付いているため、ほとんどの男女、子供にフィットします。激しいワイプアウト時でも顔を保護してくれるクッションがついているので心配いりません。

 

OCEAN 

水陸両用のサングラスです。REVOレンズが光を反射して目を保護します。フレームの内側にクッション性のあるフォームが付いており、長い時間使用しても大丈夫ですし、万が一並みに巻かれたとしても衝撃に強い作りになっているので安心です。サングラスは壊れずらく、顔が傷つかないように考えて作られています。光の反射で波が見ずらい時でもしっかりと波が見えるという特徴もあります。

 

目はとても大切です。サーフィン用のサングラスをつけて、しっかり目を守りましょう。

 

SURF GARAGE ~ハワイの人気サーフショップ~

ハワイの人気サーフショップ「SURF GARAGE」。ずっと行きたかったので、行きの飛行機の中からすごく楽しみにしていました。日本の観光客はもちろん、地元サーファーも御用達の人気店はどのようなショップなのでしょうか。行ってみたのでご紹介します。

 

行き方は?

車があればナビですぐ行けますが、日本から観光で来た場合、大事な時間をロスしないためにもやはり行き方は把握しておきたいですよね。

 

アラモアナショッピングセンターからThe Busの6番に乗れば行けます。15分ほど乗り、ハワイ大学ノア校付近で下車します。下の写真のように、前の電光掲示板に「UNIVERSITY / KING University Square」と表示されます。

f:id:mksurf:20171027171104j:image

ここで降りて、バス停から徒歩2分で到着します。タクシーだとワイキキから10分で、11ドルかかりました。The Busだと2ドル50セントですので、安く行きたいならThe Busがオススメです。

 

お店に到着f:id:mksurf:20170904130900j:image看板が見えました!ずっと来たかったのでワクワクします( ´∀`)/f:id:mksurf:20170906043934j:imageサーフガレージには駐車場がありました。車で行くことができます。
f:id:mksurf:20170906043915j:imageかわいい看板です。さっそく中に入ってみましょう!!

 

店内の様子
f:id:mksurf:20170904130922j:image少し緊張しながらも、ついに入店!こちらが店内の様子です。いきなりFIRE WIREのサーフボードが目に飛び込んできて大興奮です!!木の感じが出ていて良い雰囲気です。
f:id:mksurf:20170904130947j:image他にも多くのシェイパーによるサーフボードがズラリと並んでおります。温かみのある雰囲気で、居心地が良かったです。
f:id:mksurf:20170906043350j:image色付きのボードは並べるとカラフルで綺麗ですね。私”波待ちヤロウ”、この店に来たらロングボードを購入すると決めて来たのです!馬鹿ですよね〜、サーファーのあなたならこの気持ち、分かるでしょう??サーフガレージにはそれくらい来たかったのです。
f:id:mksurf:20170906043439j:image床が白黒チェックでオシャレです。壁にかかっている絵も良いですね〜。窓枠に置いてあるのは何だろう?あちこち気になるものだらけで目が泳いでしまいます。

 

Hobieあります
f:id:mksurf:20170906043655j:imageHobieのロングボードがずっと欲しかったのです!見つけました!!f:id:mksurf:20170906043510j:imageこれはTyler Warrenがシェイプしたサーフボードです。1800ドル、日本で買ったらもっと高いんだろうな〜。

f:id:mksurf:20170906043529j:imageこちらはLEGACY。1500ドル!!結局、当初の予定どおりにHobieのロングボードを購入してご機嫌な”波待ちヤロウ”でした。このロングボードでさっそく波待ちしたいです。そんな妄想をしていると・・・ん?間接視野で何かが動いたような気が・・・。
f:id:mksurf:20170906043606j:imageなんと!!ワンちゃんがいました。
f:id:mksurf:20170906043626j:imageワンちゃんとサーフボードのコラボ。なんとびっくり、話を聞くとこのワンちゃん、サーフィンできるみたいです。
f:id:mksurf:20170906043729j:imageビンテージサーフボードもたくさん。仕事頑張って、将来こんなサーフボードを部屋のインテリアで飾りたいな〜。
f:id:mksurf:20170906043829j:imageあんな感じにしたいですね。サーフボード眺めながらお酒が呑めるなんて幸せだよな〜。下に飾ってあるのはヘザー・ブラウンの絵かな?このくらい人気のサーフショップですから、恐らく本人が来店したのでしょう。
f:id:mksurf:20170906043842j:image振り返るともう1枚壁に飾ってありました。

 

洋服や雑貨も豊富
f:id:mksurf:20170904131010j:imageサーフガレージではサーフボード以外にも洋服や雑貨がたくさん取り扱っています。ハワイ滞在中の洋服をゲットするのもアリだと思います。

f:id:mksurf:20170904131025j:plain帰りに気づきましたが、窓に大きく「SURF GARAGE」と描いてありました。その窓に向かって、ハワイに来たらまた来るよ!と心の中で誓いました。ハワイに来たらオススメのサーフショップです。

 

こちらもオススメ!!

格安でお得にHICのサーフボードが手に入れられるということで話題に!

サーフボードファクトリーアウトレット」についても過去に書いております。

 

リッツカールトンワイキキはサーフボードを預けられます

リッツ・カールトンとは

f:id:mksurf:20170911155226j:image

ワイキキに新しくできたホテル、リッツ・カールトンワイキキレジデンス。目の前はカラカウア通りという最高の立地です。世界中どのリッツ・カールトンに泊まっても、そのおもてなしは超一流と言われており、非の打ち所がないと聞きます。今回ハワイに行き、果たしてこのホテルがサーファーにとって泊まりやすいホテルなのかどうか、身を持って体験して参りました。
f:id:mksurf:20170911152516j:image

サーフボードを預けられるの?

預けられます!ホテルとしてサーフボードロッカーを保有しています。ロッカーの場所についての情報は伏せますが、たくさんのサーフボードが保管されていました。ロビーにいるグランドスタッフに相談すればOKです。番号が書いてある紙を渡されます。それが引換券となります。

 

スタッフはサーフボードの取り扱いにも慣れていて安心して任せられます。長くて重いサーフボードを嫌な顔一つせず預かって頂けます。朝5時にサーフボードの取り出しをお願いしたときも笑顔で対応してもらい、気持ち良く海に向かう事ができました。サーフィン後は毎回、『good wave?』と聞いてくれてコミュニケーションも楽しかったです。

 

ビーチまで歩いて行ける?

歩いて行けます!波待ちヤロウは9.4のロングボードを抱えてビーチまで行きました。ポップスに行くには便利な立地と言えそうです。カヌーズとクイーンズにも行きましたが、こちらは少し遠く感じました。行きは良いのですが、帰りはパンパンに疲労した腕でロングボードを持って人混みを歩くのは結構大変でした。カイザースは分かりませんが、部屋から波チェックできて、そう遠く感じませんでしたので、歩いて行けるかと思われます。  

 

最終日に気づきましたが、カラカウア通りではなく、一本内側の通りは空いているので、サーフボードを持っていても歩きやすかったです。丸亀製麺がある通りです。リッツ・カールトンからカヌーズやクイーンズにサーフィンしに行くなら、この道を通って行くことをオススメします。

 

やはりホテルは素晴らしい

部屋に湯船があり、毎日キレイに掃除されていました。ゆっくりと湯船に浸かりサーフィンや買い物の疲れを解消したり、金曜日にはヒルトンの花火がベランダからお酒を飲みながら見れます。

 

フロントがあるフロアにプールもあるので、子供連れでも楽しめます。無料で飲み物が飲み放題、フルーツ食べ放題でした。そして、何か困った事があっても日本語を話せるスタッフが多く、安心して旅行を楽しむことができました。

 

ビーチへのアクセスの良さで言えば、シェラトン等には敵いませんが、不便ではありませんでした。ハワイにサーフィンしに来た際には、オススメのホテルです。

 

ロングボードを運ぶのに便利なアイテム

  

 

 

YETIとは…??これから日本で流行る物。

f:id:mksurf:20170911183017j:imageハワイ旅行でサーフィンに関するショップを一通り物色しました。そんな中、多くのサーフショップで一押ししていて気になった商品がありました。『YETI』というブランドの商品です。

 

店員さんにお話を伺うと、数年前から釣りやキャンプの愛好家から支持されていたブランドでしたが、その人気の波がサーファーにも押し寄せているのだとか。今まさにハワイのサーファーを中心に人気が出ていて、これから日本でも流行ることは間違いないと仰っていました。

 

ハワイのサーフショップではどこに入っても取り扱っていましたが、日本のサーフショップでは見たことがなく、確かにこれから日本のサーファーの間でも流行っていく気がします。

 

今回はそんなYETIのブランドコンセプトや人気商品についてご紹介したいと思います。

 

YETIとは
f:id:mksurf:20170911183100j:image

YETI(イエティ)は、クーラーボックスの保冷性や耐久性に不満を持ったRoy SeidersとRyan Seiders、2人の兄弟によって開発されました。

 

「最高のクーラーボックスを作ろう」と決心して作られたそのクーラーはとても頑丈で高い性能を持っております。中に入れた氷が7日間解けないほど、驚異の保冷力が自慢です。熊でも壊せないほどの耐久性があると言います。

 

釣りやキャンプ、サーフィンなどアウトドア好きな方にはたまらない、男心をくすぐるアイテムとなっております。多くのアウトドア愛好家が憧れるブランドなのです。

 

釣り人や、トレッキング愛好家から支持されていたそうですが、今サーファーからも注目されるようになっていて、今後海でもYETIのクーラーボックスやタンブラーを見る機会が増えそうです。

 

YETIの人気商品

そんなYETIの人気商品はやはりクーラーボックスとタンブラー。どれを購入しても後悔しないクオリティです。それぞれの人気商品を簡単にご紹介します。

クーラーボックス

 

タンブラー

[rakuten:sneeze:10003618:detail]

以上、YETIについてご紹介しました。ハワイには他にもサーフィン好きにはたまらないインテリアショップがたくさんありました。特に『SAND PEOPLE』や『GREEN ROOM』がオススメです!!そちらの記事も載せておきますので、チェックしてみてください。 


 

 

GREENROOM Surf Art Gallery HAWAII ~ハワイでサーフィンのインテリアを買うならここ!!~

f:id:mksurf:20170906041531j:image

サーフィンが好きな方に、「ハワイでおすすめのお店はありますか?」と良く聞かれることがあります。そんなサーフィン好きなあなたに是非行って頂きたいのが「GREEN ROOM Surf Art Gallery HAWAII」です。サーフィンの絵やポストカード、携帯カバーやアパレル、サーフボードまで取り扱っている、サーフィン好きとしてはたまらないお店なのです。今回はそのグリーンルームに行ってきたのでご紹介します。

 

GREEN ROOM HAWAIIとは

2010年、ワイキキにオープンしたサーファーに人気のギャラリー。世界的に大人気のヘザー・ブラウンをはじめ、サーフテイストな作品が大集結しています。サーフィンをテーマにした絵画やイラストは探してもなかなかありませんが、グリーンルームに来ればどれを買うか迷ってしまう程、魅力的なたくさんの商品が見つかります。一定期間で商品も変わるので、リピーターも多いとか。イベントなどでアーティスト本人がお店にいることもあるので、運が良ければ一緒に写真を撮ってもらったり、購入した商品にサインを書いてもらったりすることができます。

 

どこにあるの?

では、お店はどこにあるのでしょうか。シェラトン・ワイキキと、インターナショナルマーケットプレイス2階、ノースショアやコオリナにショップがあります。今回はインターナショナルマーケットプレイス店をご紹介します。
f:id:mksurf:20170906041552j:image

こちらが外観です。外から見てもたくさんのサーフテイストな絵が見えるので、心が躍ります。そんなに大きなお店ではありませんが、商品数が多いので見応えがあります。プロサーファー兼、ホビーサーフボードのシェイパーとしても有名なタイラーウォーレンが描いた絵も取り扱っていて、サーフボード同様に人気があります。
f:id:mksurf:20170906041902j:image

額に入っている絵は3000円程度で購入できます。意外と安いので、あれもこれも欲しくなります。日本にいる友達サーファーへの良いお土産になりそうです。
f:id:mksurf:20170906041614j:image

大人気のヘザーブラウンの絵もありました。今ではサーファーでなくても知っているアーティスト。知らない人はいないのではないかというくらい人気になりましたね。
f:id:mksurf:20170906041628j:image

サーフボードと犬の絵です。犬を連れてサーフィンに行く人にはたまらないアイテムではないでしょうか。
f:id:mksurf:20170906041715j:image

こちらは葉書サイズの絵です。1500〜2000円ほどで気軽に購入できます。
f:id:mksurf:20170906041732j:image

Koji Toyodaの作品です。横浜のFred Segalにも商品が置いてあって、この赤いサーフパンツを履いたサーファーが波待ちしているコップを購入したことがあります。シンプルでかわいい絵が特徴です。
f:id:mksurf:20170906041802j:image

今回のお店訪問で”波待ちヤロウ”が最も気に入った絵がこちら!! 見た瞬間、購入を決めました。購入を決めてから値札を見るなんて、久しぶりです。ハワイ旅行のマジックですね。
f:id:mksurf:20170906041844j:image

携帯ケースを発見しました!!
f:id:mksurf:20170906041819j:image

どれもセンスの良いものばかり。友達から「かわいい」と言われること間違い無しです。携帯ケースはヘザーブラウンの物が多かったです。

 

アートだけではない

GREEN ROOMにはアートのイメージが強かったのですが、行ってみるとサーフボードやアパレルも取り扱っていることが分かりました。
f:id:mksurf:20170906041657j:image

サーフボードが2枚ありました。さすがGREEN ROOMに置いてあるだけあって、デザインがオシャレです!!海でこれ持ってたらカッコイイですね。
f:id:mksurf:20170906041643j:image

なんとビックリ、アパレルも取り扱っていました。かわいいTシャツや、ショートパンツ、キャップがずらり。今回は絵を買いすぎたので、予算オーバー。。次回はまずここに来て、洋服を買って、ハワイで着ようと思います。

 

以上、グリーンルームハワイについてご紹介しました。

お店のホームページはこちら。Greenroom Gallery Hawaii – Green Room Hawaii

ハワイに行ったら見てみてください!おすすめです!