波乗り海道パーリング

北海道でサーフィン!?日本最北の地、北海道の情報満載!波乗りブログ

【ポイント解説】瀬越(せごし):北海道の日本海にある人気サーフポイントはサーフキャンプに最高の場所だった

瀬越ポイント写真付き解説

大好評企画、サーフポイント解説第4弾!!北海道の留萌にある人気サーフポイント『瀬越(せごし)』に行ってきました。サーフキャンプするには最高のスポットであることが判明したので併せてご紹介します。

f:id:mksurf:20170716161654j:plain

1年前に瀬越に来た時、これまで見たこともない程キレイなブレイクに感動したことを覚えています。今回も良い波を期待して札幌からドライブ!到着して胸を躍らせながらさっそく波チェック!!

f:id:mksurf:20170716161852j:plain

あれ…??え??

そんなもんです、日本海の波を当てるのは本当に難しい。

(だからこそ当たった時は最高に気持ち良いのですが…)

今回はみなさんに瀬越がどんなポイントか、伝える旅に変更しました。たくさん撮った写真から少しでも瀬越の雰囲気が伝わればと思います。

f:id:mksurf:20170716162156j:plain 正面の景色。夕焼けが綺麗ということでも有名です。

f:id:mksurf:20170716162057j:plain

右側を見るとこんな景色。崖の上にあるのはホテルでしょうか。

f:id:mksurf:20170716162222j:plain

左側を見るとこの景色。前回はテトラの近くでたくさんサーファーが波乗りしていましたが、今日はコンディションが悪く1人も入っていません。

 

ライディングの動画・写真が撮れる

このブログ2枚目の写真でわかるように、左側に長く堤防が突き出ています。そこは歩道になっており、歩いて先の方まで行くことができます。その途中は絶好の写真スポットとなります。ライディングしているところを一緒に行った人に撮ってもらいましょう。自分がサーフィンしている姿の映像なんてなかなか手に入らないので貴重な思い出写真になること間違いなしです。今まで気づかなかったライディング時の変なクセに気づいて修正することができるかもしれません。

f:id:mksurf:20170716163023j:plain

横アングル。カリフォルニアのピアの上からの景色みたいですね。今日は波がなくて残念でしたが、雰囲気伝わりますでしょうか。ものすごく良い波が立って、グーフィーにロングライドを決められるポイントなのです!!悔しいですが、いつかリベンジして写真を変更してやろうと思います!!

f:id:mksurf:20170716163055j:plain

太平洋と違って水が綺麗なのがわかります。ブルーで澄んでいました。

 

サーフキャンプができる

f:id:mksurf:20170716162250j:plain

私、波待ちヤロウ、何が何でも楽しまないと気が済まないタイプの人間です。「人生楽しんだもの勝ち」というのが好きな言葉の一つです。本日は波が無くノーサーフでしたが、ふと左に目を移すとテントがたくさん見えたので、翌日の波に期待してキャンプを楽しむことにしました。気持ちを切り替えて楽しみましょう!!

f:id:mksurf:20170716162034j:plain

このサーフポイント瀬越の堤防の向こう側はゴールデンビーチ留萌という海水浴場となっており、浜辺でキャンプができるのです。

 

これはサーファーにとっては嬉しい環境です。キャンプして翌朝目覚めて波チェック、無人の状態でサーフィン出来るのです。良い波貸切状態!!サーフキャンプにもってこいの場所を見つけてしまいましたので、日本海に波が立ちそうな日には前日入りしてサーフキャンプしようと思います。

 

さて、バーベキュー開始!

留萌に「チューオー」という地元のスーパーがあります。そこで買い出ししていたら気になるお肉を発見しました。

 

豚ジスカン(トンジスカン)

です。

 

あの北海道名物のジンギスカンは羊ですが・・・

驚いていると地元のおばちゃんに「これ、おいしいよ」と声をかけられました。

それなら試してみようではないか、ということで食べてみました。

 

これが大ヒット!!

味の感想としては、そのままで恐縮ですけどジンギスカン味の豚肉です。

 

ラム独特の臭み、獣感がなく、ラム肉が苦手な方でもおいしく食べられます。

留萌名物みたいですので、ぜひ試してみてください。後悔しない美味しさです!

f:id:mksurf:20170716162354j:plain

SAPPOROビールがすすみます!!

 

朝の波チェック

朝4時にカラスの声で目が覚めたので、波チェックしに行くことにしました。テントを出ればすぐ波チェックできます。 ずっと憧れてたんですよね〜。

f:id:mksurf:20170716162324j:plain

テントがいっぱい。

f:id:mksurf:20170716162519j:plain

朝起きて気づきましたがこんなに多くの人がキャンプに来ていたんですね。f:id:mksurf:20170716162452j:plain

朝4時30分・・・釣り人が1名。サーファーは1人も入っておらず。f:id:mksurf:20170716162421j:plain

ロケーションは最高。テトラに座ってしばらく波チェックすることに。

f:id:mksurf:20170716162551j:plain

路肩が広いので左右にサーファーの車がたくさん停まります。車を停めて波チェックしている方がたくさんいました。

f:id:mksurf:20170716162620j:plain

全く割れず。こうなったらショアブレイクで遊ぶか・・・?

f:id:mksurf:20170716162651j:plain

10分見ていましたが乗れそうな波が来ず・・・

f:id:mksurf:20170716162718j:plain

今日はヨボヨボでだめだなぁ〜。

f:id:mksurf:20170716162747j:plain

この感じで少し伝わりますでしょうか。良い時はライト方向へ綺麗に波が割れるんです。前回パドルを温存するためにここをずっと歩いて行って途中からエントリーしました。その時ボードに顎を打ってすごく痛い思いをしたのを覚えています。慣れるまでは普通にゲットしましょう。

f:id:mksurf:20170716162815j:plain

先の方までずっと歩道になっているんですね。先端に人の気配が。

f:id:mksurf:20170716162841j:plain

暇なので先端まで歩いてみることにしました。

f:id:mksurf:20170716163157j:plain

先端はこのように広場になっていました。釣りをしている方がちらほら見受けられます。朝早くからたくさんの人が来ていましたので、この辺りで何か良いものが釣れるのでしょう。

f:id:mksurf:20170716210206j:plain

留萌と言えば甘エビ!!

この絵が描いてあるということはやっぱりエビが釣れるのかな??

f:id:mksurf:20170716210317j:plain

みなさん保冷バッグを持っていないので釣っても海に返すのでしょう。純粋に釣りを楽しんでいるのですね。

f:id:mksurf:20170716163125j:plain

こんな看板もあるので、ここに載っていないものが釣れるのだと思います。海底に貝類がたくさんいるんですね。

 

サーフィンは諦め設備見学

仕方なくサーフィンを諦めて施設がどのくらい整っているかチェックしてみました。なんとシャワーが付いておりました。さすが海水浴場ですね。

f:id:mksurf:20170716210422j:plain

5分300円 9時から17時まで使えます。温水なのでサーフィン行くのにお湯を持っていかなくても良いのは嬉しいですね。

f:id:mksurf:20170716210501j:plain

女性用の温水シャワーもあるので、女性サーファーも嬉しいですね。

f:id:mksurf:20170716210536j:plain

トイレは24時間使えます。海水浴場のトイレですが、広くて毎日清掃されておりとても綺麗な印象です。

f:id:mksurf:20170716220959j:plain

炊事・手洗い場があります。数がたくさんありますのであまり待たずに使えます。キャンプ用具を洗ったり、歯を磨いたり、何かと便利でした。

f:id:mksurf:20170716221201j:plain

足洗い場もあります。足が砂まみれなので助かりました。

f:id:mksurf:20170716220740j:plain

ゴミ箱があるのは本当に助かりました。これだけ至れり尽くせりな場所は珍しいです。ルールを守り、感謝して使いましょう。

f:id:mksurf:20170716221350j:plain

屋台も出ており、思いの外メニューが豊富で驚きました。テントだけ持って来れば何とかなりそうです。

 

増毛寄り道スポット5選

留萌に来たらやはり増毛にも寄って帰りたいですよね。最後に増毛のオススメスポットをご紹介します。

 

①國稀酒造

増毛と言えば國稀。
f:id:mksurf:20170716215938j:image
f:id:mksurf:20170716215954j:image
f:id:mksurf:20170716215906j:image

ここでしか買えない限定のお酒を購入 
f:id:mksurf:20170716220016j:image

試飲して選べます。

 

②まつくら寿司

大人気のお寿司やさん。行列必至。
f:id:mksurf:20170716215701j:image

大エビ天丼
f:id:mksurf:20170716215739j:image

特上にぎり

 

増毛駅
f:id:mksurf:20170716215801j:image

たこザンギが絶品!!今回の旅で一番おいしかったです!!

 

④市場
f:id:mksurf:20170716220131j:image
f:id:mksurf:20170717152949j:image
f:id:mksurf:20170717153005j:image

甘エビ、タコ、甘エビめんたいを購入。発泡スチロールに氷を入れてもらえました。

 

⑤増毛フルーツワイナリー
f:id:mksurf:20170716220059j:image
f:id:mksurf:20170716215822j:image

シードルを購入。

 

波には恵まれませんでしたが、大満足のトリップとなりました!!

サーフィンはリベンジします!!

『HOW TO FUN SURF』発売後即購入!サーフィン初心者~中級者にオススメ、待望のサーフDVD。

大人気のファンサーフシリーズから待望のhow toシリーズが出ました!!

f:id:mksurf:20170714182750j:image

f:id:mksurf:20170713144817j:image

イメトレに使えるということで、発売する度に話題となりますが、今回はずっと待ち望まれていたhow toシリーズで、しかも内容がテイクオフとアップスとだけあって、とても盛り上がっております。私、波待ちヤロウもその一人で、さっそく購入しましたので、ご紹介します。

 

おすすめポイントは?
f:id:mksurf:20170714183054j:image

サーフィンで最も基本となる動作、テイクオフとアップスについて、コメントつきの映像を見て学ぶことができます。
f:id:mksurf:20170713144040j:image

こちらの写真を見て頂ければ分かると思いますが、日本の腰~胸サイズの波でのライディング映像が中心となっていますので、とても参考になります。ジャンクな波にどう乗るか、というコーナーは珍しくて目から鱗です。

 

ざっくり内容を教えて
f:id:mksurf:20170714182858j:image

①テイクオフ基本編

テイクオフの基本動作、うねりの段階からのテイクオフ、波が割れ始めるところの見極め、テイクオフ時の目線、テイクオフに力はいらない、完璧なポジションでの理想のテイクオフ、といった内容です。テイクオフできないと波に乗れませんので、しっかり学びたいですね。

f:id:mksurf:20170713144300j:image

②テイクオフ応用編

バタ足の使い方、波が早い時のテイクオフの仕方、ショルダーからのレイトテイクオフ、という内容です。

 

③アップス基本編

アップスの基本動作、レールを入れて抜く、ヒザの使い方、アップスでスピードをつける方法、といった内容です。
f:id:mksurf:20170713144505j:image

④アップス応用編

 力まずに下半身を使う乗り方、波の中腹から上を使ったアップス、ジャンクな波の乗り方、力のないセクションでの乗り方、スピーディーなサーフィンを目指して、という内容です。

 

⑤フリーサーフセッション

世界のプロサーファーが日本の波を乗りこなすシーンを集めた内容です。一般的なプロサーファーのDVD映像はビッグウエーブをメイクする映像ばかりで、おもしろいですが、自分のサーフィンにはあまり参考にしずらいです。一方で、このDVDでは普段皆さんが乗ることの多い日本ならではの腰~胸サイズでの映像がメインとなっており、本当に参考になります。
f:id:mksurf:20170714182931j:image

右足前、左足前、どちらの映像もあるので、安心です。

 

イメトレに最適

海に向かう間にずっと再生しておくと良いかもしれません。また、ノーサーフdayのイメトレにもぴったりです。スーパースローモーション映像は細かい動きや体重移動の瞬間も見逃さずに勉強できます。

 
f:id:mksurf:20170714183027j:image

プロの映像も見れる!?

ミックファニングを始め、世界のプロサーファーが日本の波を楽しむ貴重な映像も見ることができ、ボリューム満点、大満足の内容となっております。

 

コスパ高いってホント?

サーフィンがうまくなりたい、もっと楽しみたいという初心者~中級者にオススメの1本となっております。たっぷり53分の内容で、価格も1600円(+税)と手頃、コスパも高く大満足しています。

 

気になる方は是非、チェックしてみてください!

広尾にサーフショップがオープン「店の名は。」…3−stones surf

f:id:mksurf:20170705132132j:image

今サーフィンの業界ですごい勢いで注目されている北海道の広尾町。混雑とは無縁の環境に憧れて、関東からサーファーが移住してくるほど、全国のサーフィン関係者が注目している町なのです。その広尾町に初めてのサーフショップがオープンしました!広尾の魅力も含めてご紹介します。

 

人気サーフポイント『フンベ』

広尾町襟裳岬の間にある国道336号線は良い波がたくさん立つことで有名で、「黄金道路」と呼ばれています。

f:id:mksurf:20170705131420g:plain

夏には北海道中から多くのサーファーが泊りがけでサーフィンしにきます。サーフキャンプを楽しむには絶好のポイントと言えます。過去にキムタクがサーフィンしに来ているとの噂が広まり騒動になったことがあります。坂口憲二も『海から見たニッポン』の撮影で広尾にサーフィンしに来ています。
f:id:mksurf:20170705131809j:image
f:id:mksurf:20170705132032j:image
f:id:mksurf:20170705131951j:image

広尾初のサーフショップ

広尾サーフィン連盟で元会長であった石塚敏幸さんが、長い間ずっと心待ちにされていたサーフショップをオープンしました。広尾では初めてのサーフショップです。その名も『3-stones surf』。「石塚さんの店」という意味も込めてこの店名になりました。店長は石塚さんが務め、サーフィン連盟の会員となっているメンバーと協力して運営していくそうです。

 

道具のレンタル・スクールはやってるの?

サーフボードやウエットスーツ、ブーツ・グローブなどの用具は全てレンタルしてもらえます。サーフィンする際のマナーや危険についてもしっかり教えて頂けるので初心者の方でも安心です。サーフィン未経験でも、手ぶらで気軽にサーフィンを体験することができます。夏の思い出にトライしてみてはいかがでしょうか。半日で5000円ということで、とてもお得です。オープンを記念して期間限定ですが2000円で講習が受けられるそうです。いずれにしても、事前にお店へ連絡した方が良いので、詳しいことはお店に電話して聞いてみましょう。電話番号に1173=「良い波」が入ってるのが良いですね!期待してしまいます。 『3-stones surf』TEL:  090-2874-1173

 

北海道民の新しい趣味に

エンドレスサマーという有名なサーフムービーがありますが、北海道はエンドレスウィンターかと思ってしまうほど寒いイメージがあるかもしれません。しかし、実は四季がはっきりしていて夏はしっかり暖かくなるのです。北海道の夏は短く、7月〜8月の2ヶ月くらいしかありません。そのため道民からは、短い夏を思い切り楽しむぞという意気込みが感じられます。冬のスポーツとしてスキーやスノーボードが定着していますが、近い将来、サーフィンが北海道を代表するスポーツとなる日がくるかもしれません。

【話題の動画】深海から浮上したダイオウイカにパドルボードを乗っ取られる映像

深海から巨大生物

アウトドア好きのJames Taylorさんは、この日もいつものように南アフリカのメルクボスストランドでSUPを楽しんでいた。穏やかな海をのんびり水上散歩していると、足元に何やら白い塊を発見しました。イカであることはすぐに分かったのですが、その大きさを見て胸の鼓動が高まりました。

 

ダイオウイカです。

 

深海に住むダイオウイカが生きたまま水面に上がってきたのは珍しいのです。動画ではダイオウイカがサーファーの足やサーフボードに巻き付く姿が確認できます。 


Giant squid wraps its tentacles around my paddle board!

彼はこの巨大イカを捕まえて解剖し、研究者に映像を渡したと報じられています。体の表面が傷だらけであることから、何か他の生物に襲われたか、もしくは産卵後に弱って浮かんできたのではないかと専門家により推測されています。

 

日本でも目撃されている

海外だけでなく、日本でも過去に何度かダイオウイカの目撃情報があるのです。こちらは富山県で目撃された際の映像です。


ダイオウイカ  富山市水橋  Giant squid

ANN NEWSでも全長4mの生きたダイオウイカが新潟県で捕獲されたニュースを報じています。この映像だけでも大きくて驚きですが、ダイオウイカで4mでは小さい方だと言うので驚きです。


全長4m!生きた「ダイオウイカ」定置網に 新潟(14/01/08)

 

ダイオウイカの大きさは?

f:id:mksurf:20170705113509j:plain

驚くことに、最大で約18mの大きさであると記録されています。最近では20mを超える大きさのダイオウイカが深い海の中にいる可能性があるとの研究も発表されており、多くの注目が集まっております。あまりに大きいのでこのダイオウイカが伝説の海の怪物クラーケンのモデルになったと考えている人もいます。

 

食べれるのか

食べれます。味はしょっぱすぎてマズイです。何とも言えない独特の臭いがなかなか消えず、クサイです。細胞に多くのアンモニアを含んでいるためだそうです。だからスーパーに並ばないんですね。食べて良いことと言えば、「俺、ダイオウイカ食ったことあるぜ~」と言えることくらいでしょうか。ちなみに、ダイオウイカ自身は肉食で、他のイカや魚を食べているようです。

 

大きな目

f:id:mksurf:20170705113826j:plain

NHKスペシャルで深海を泳ぐダイオウイカの姿が放送されました。私も衝撃的な映像を目の当たりにし、テレビの前で固まってしまったのを覚えていますが、かなりの高視聴率だったみたいです。チャンネルを変えられるような映像ではありませんでした。ダイオウイカの目は怖いくらい大きく、生物最大と言われています。その直径は大きいと30センチを越えてきます。30センチの定規が目だと思うとちょっと気持ち悪いですね。深海は光が届きにくく、出来る限りの光を感知するためにこの大きさになったみたいです。目はなんとなく悪いイメージがありますが、視力1.5くらいはあるみたいです。暗い海の中でも獲物を早く発見し、ほとんど見失うこともありません。

 

地震との関係

 ダイオウイカだけでなく、深海の生物が打ち上げられることが自身と関係しているのではないかと推測されています。地球の中心により近い深海の生物が地球のエネルギーやプレートの異変に反応して水面に上がってきているのではないかという説です。ダイオウイカが上がってくるのも何らかの地球の異変を感知しているのではないかと言う人もいますが、因果関係についてはまだまだ検討の余地があります。

 

 サーフィンで波待ち中にダイオウイカが浮かんでくることを想像すると・・・

ちょっと怖いですね。

 

波待ちヤロウもJamesさんのように勇敢な男になりたいものです。

 

 

 

 

ドノヴァン・フランケンレイターがハワイのカウアイ島でショップをオープン「店の名は。」…The BARN808

2017年7月4〜6日に南青山のブルーノート東京で公演が決定しているドノヴァン・フランケンレイター。彼の生み出す自由でリラックスした雰囲気の音楽は世界中多くの人から愛されています。音楽だけでなく、ドノヴァンの自由きままなライフスタイルそのものにも常に注目が集まります。フレンドリーな性格で、周りにいる人も自然と笑顔になると言います。とても魅力的な存在です。


DONAVON FRANKENREITER : BLUE NOTE TOKYO 2017 trailer

 

そんなドノヴァンがハワイのカウアイ島にショップをオープンしました!!お店の情報を含め、ドノヴァン・フランケンレイターについてご紹介します。

 

フリーサーファー

プロサーファーとしても有名な彼は13歳の若さでBillabongにスポンサーされました。南カリフォルニアで育ったドノヴァンは、西海岸のあらゆるポイントの波を経験し、腕を磨いていきました。特にドノヴァンが好きなポイントはLaguna Beach。実力はお墨付きですが、コンペで表彰台に立つことを夢見るのではなく、フリーサーファーとして、気ままで自由にサーフィンをすることを選択しました。最近でも、ドノヴァンがギターを弾きながらロングボードに乗りターンをキメているタバコWinstonのポスターを見たときは衝撃を受けました。

f:id:mksurf:20170626165531j:plain

Freedomと書いてあり、自由人であるドノヴァンにぴったりの広告です。この広告を見て、タバコをWinstonに変えたサーファーがたくさんいるらしいです。その他にも椅子に座ってビールを飲みながらサーフィンしたり、子供と一緒にサーフィンして楽しむ姿がキャッチされています。

 

ハワイ、カウアイ島にショップをオープン

ドノヴァンはハワイのカウアイ島に住んでいます。そのカウアイ島にLife style store『The BARN808』をオープンしました。奥さんのパトラが世界中から集めてきた雑貨や洋服が取り扱いされています。また、旅行中に知り合った世界中の友達が作ったものがドノヴァンのお店に並びます。その中には日本人デザイナーによる商品もあるそうです。よくあるサーフショップの品物ではなく、ユニークで個性のあるハイセンスな商品がずらりと並んでいます。ハワイのカウアイ島に行く予定の方はぜひ寄ってみると良いと思います。もしかしたらドノヴァン本人に会えるかもしれません!!

住所:5080 Kuhio Hwy, Hanalei, HI 96714 アメリカ合衆国

f:id:mksurf:20170626142950p:plainf:id:mksurf:20170626143002p:plain

お店のホームページはこちらです。

New Home Page - The Barn808The Barn808 | A Lifestyle Store

 Hawaii Life Vacationsのサイトで店内の写真が見れます。

vacations.hawaiilife.com

5人組ロックバンド『Sunchild』のギタリスト

f:id:mksurf:20170626141633j:plain

一人でギターをかき鳴らして歌うシンガーソングライターのイメージが強いドノヴァン。あまり知られていないのですが、実はソロ活動の前に5人組ロックバンドSunchildのギタリストとして10年以上活動していたのです。サーフミュージックと聞いて多くの方がまず頭に浮かぶのがドノヴァン(もしくはJack JohnsonJason Mraz)だと思います。今では「え?ドノヴァンってサーファーなの?」という人もいるくらい音楽業界でも有名になりました。サーフミュージックシーンを代表するアーティストです。音楽活動は17歳の時に本格的に取り組み出しました。2004年にアルバム「Donavon Frankenreiter」をリリース。「Free」は日本でも爆発的にヒットしました。2014年にはアルバム「Start Livin'」を、2015年にはアルバム「THE HEART」をリリースし、ロングヒットとなっています。

 いかがでしたでしょうか。カウアイ島に行かれた際はぜひドノヴァンのお店The BARN808に行ってみましょう。旅行中の音楽はドノヴァンで決まりですね。

趣味がない方必見!!趣味が見つかる雑誌"IN THE LIFE"を全巻集めてみた

雑誌を含め、あまり本を読むことのない私、"波待ちヤロウ"ですが、久しぶりに大ヒットした雑誌があります。"IN THE LIFE"です。
f:id:mksurf:20170615220829j:image

この雑誌との出会いは突然で、ふらっと入ったカフェに置いてあり、表紙にサーフボードが載ってたので気になって読んだのがキッカケでした。あまりの面白さに衝撃を受け、雑誌から目が離せなくなり、しばらくコーヒーを飲むのを忘れてしまいました。

 

 ”IN THE LIFE”とはどのような雑誌か

『趣味の百科辞典』と言われるように、様々な趣味について紹介している雑誌です。サーフィンをはじめ、スケボー、キャンプ、車、カメラ、バイク、自転車、ガレージ、植物、インテリア、ファッション…挙げ出したらキリがない程たくさんの趣味について取り上げられています。

 

驚きのコストパフォーマンス 
f:id:mksurf:20170615121843j:image

この分厚さ!!コロコロコミックより少し薄い位でしょうか。全480ページあり、オールカラーでこの値段(990円)!!驚くほど安く感じるのです。中身がチープなのかと思いきや、全くそんなことはなく、むしろ他の雑誌より情報量は多いと感じます。写真を載せただけのページはほとんどなく、多くが写真+文章の構成となっており、読みごたえがあります。半年に1度の頻度で最新号が出ますが、この頻度がまた収集欲を掻き立てるのです。

 

サーファーにはたまらない雑誌

サーフィンのページは毎回あります。あまり知られていない島国でのサーフトリップは見物です。第1号ではオレゴンでのサーフィンや、ギリ島でのサーフトリップについて紹介されています。IN THE LIFE 2ではスリランカでのサーフィン、ミッドレングスのサーフボードについての記事があります。3は原宿にできたDEUS EX MACHINAの紹介。IN THE LIFE4ではタイラー・ウォーレンの『Wet Dream』の監督である竹井達男さんのお話や、カリフォルニアのオレンジカウンティでサーフボードをシェイプする内田鉄平さんのお話があります。5では、インドネシアの片隅にあるバツカラスでのサーフィンについて。6では未知なる国、サモアへ。サモアでサーフィンできる波を探す冒険の旅について紹介されています。このように、サーフィンについては毎回取り上げられるので、サーファーにとってたまらない雑誌であることは間違いありません。

 

 最新号まで全部揃えてみた

この雑誌は全部持っていたい!そう思ってさっそく1号から最新号である6号まで全て購入しました。本屋には最新号の6しかなかったので、1から5はネットで購入しました。久しぶりの大人買いです。書斎に並べた時の背表紙が最高です。
f:id:mksurf:20170615220627j:image

それぞれ簡単にご紹介します。

 

IN THE LIFE

こちらが表紙です。マークリチャーズのサーフボードが目に入り、手に取りました。最初はちょっと見てみるか〜と軽い気持ちでした。
f:id:mksurf:20170615121106j:image

こちらが裏表紙です。アウトドア好きな方にはたまらないですね。
f:id:mksurf:20170615121324j:image

目次です。所ジョージの特集やサーフトリップ、ランドクルーザー、アメリカ特集、スケートボードと盛りだくさんの内容です。
f:id:mksurf:20170615121346j:image

分厚いだけあり目次が1ページで収まりません。レザークラフト、盆栽、編み物、ジュークボックス、刃物、インテリア、富士登山スーパーカー、カメラ・・・
f:id:mksurf:20170615121643j:image

なんと、目次3ページ目です!!読みごたえありますね。
f:id:mksurf:20170615121708j:image

IN THE LIFE 2

黄色の背景に爽やかな青のRANGE ROVERが目を引きます。
f:id:mksurf:20170615121131j:image

サーフィン特集ではミッドレングスのサーフボードを持ってスリランカへ。ミッドレングスも色んなコンディションに対応できるので便利ですよね。宝くじでも当たれば1本欲しいところです…。その他、京都でのモノづくりや、アメカジ、韓国ドライブ、コーヒー、スパ、ランニングと、今回も期待を裏切らないほど盛りだくさんの内容です。
f:id:mksurf:20170615122017j:image

やっぱりアメリカには憧れますよね。え?きかんしゃトーマス!?
f:id:mksurf:20170615122040j:image

ビンテージラジオ、ミラーレス一眼、LANDROVER、スーパーカー、スケボー…
f:id:mksurf:20170615122057j:image

IN THE LIFE 3

IN THE LIFE 3はシリーズの中でタイトルが一番好きです。「週末の遊び100」なんだか新しい趣味が見つかりそうでワクワクします!!
f:id:mksurf:20170615121201j:image

目から鱗です。知らない世界が広がります。相撲。森の暮らし、車、アニメ、クルージング、フェラーリ
f:id:mksurf:20170615122123j:image

とって食べる…何を??気になります。京都ツアー、フォルクスワーゲン!ガレージ…男は憧れますよね。”波待ちヤロウ”もいつかガレージ欲しいです。ヴィンテージコールマン!デイトナツアーズとは何でしょう?
f:id:mksurf:20170615122139j:image

「各国のオモシロ世界一決定戦」これはオモシロそうですね。京都に続き、今回は東北特集。
f:id:mksurf:20170615122158j:image

IN THE LIFE 4

投げかけてきました。「最近遊んでる?」いえ、最近は思うように遊べていなくてフラストレーションが溜まっています。平日晴れて、週末雨降るんですもん。平日波あって、週末フラットなんですもん…。遊ぶ気にもなりません。IN THE LIFEさん何かサーフィン以外に楽しい遊びを教えてください。雑誌に助けを求めます。
f:id:mksurf:20170615121219j:image

さて、今回の内容は…?「GET FREEDOM!」いいねぇ、自由を手に入れたいよぉ〜! 「HENTAI に学ぶ」!?HENTAI先生、ご指導お願いします!ストリートバスケなんてあるんですね。クラフトマンってかっこいいですよね。なんというか響きがイイ!その他にi-phone やTOYOTAの特集となっています。
f:id:mksurf:20170615122229j:image

鎌倉の旅、イイですね。サーフィンして観光して美味しいシラス丼を食べて…。行ってみたいです。ルート66…”波待ちヤロウ”もサーフィンしにロサンゼルスに行った時に通りました。乗り合いバスでしたが、走る悦びを感じましたよ。

f:id:mksurf:20170615122243j:plain

今回はイギリスですか。蓄音機ってなんだろう、知らない世界だ。「カリフォルニアに魅せられた日本人サーファーたち」が一番気になります。
f:id:mksurf:20170615122303j:image

IN THE LIFE 5

爽やかな表紙。空を飛んでるイメージです。最近ワクワクしてる?と聞かれました。波乗りしてる時とIN THE LIFEを読んでる時にはワクワクしてますよ。おっさんの独り言です。
f:id:mksurf:20170615121238j:image

世界遺産にSASARU。この特集バカみたいで好きです。世界遺産に飛んで行って刺さる、という企画で、本当に世界遺産で頭で逆立ちしている写真がたくさん載っています。皆さんの中にある”あの頃”のように、バカみたいに旅がしたくなります。
f:id:mksurf:20170615122344j:image

狩猟、汽笛、オーディオ、山暮らし、ガレージ。
f:id:mksurf:20170615122356j:image

ゴルフ、北欧の暮らし、ミニバン選手権、鉄道、ジョーフィッシュの飼育ガイドと、今回も盛りだくさんの内容で、3ページの目次です。
f:id:mksurf:20170615122409j:image

IN THE LIFE 6

5まではネット通販で購入。6は唯一書店に置いてあり、直接本屋で購入しました。相変わらずワクワクします。
f:id:mksurf:20170615121246j:image

芸人特集。芸人ならではの世界観、ライフスタイルがおもしろいです。森再生事業、北欧スタイルのカフェ、
f:id:mksurf:20170615122422j:image

ホーチミンでの週末デート、ランボルギーニ、バイク、マイハウス、プラモデル、ドローン。

f:id:mksurf:20170615122545j:plain

キャンプ道具、列車、サーフキャンプ!!
f:id:mksurf:20170615122605j:image

ざっと1〜6までご紹介しました。今から7の発売が待ち遠しいです。

 

まとめ

これといって趣味のない方にとって何かキッカケを与えてくれる1冊になるかもしれません。この雑誌があなたが人生をかけて没頭できる趣味を持つキッカケになったらすごいことだと思います。表紙を見ただけでワクワクしませんか?ぜひ手に取ってみてください。

 

私、"波待ちヤロウ"の好きな言葉

『人生楽しんだもの勝ち!!』

 

何でも良いので、何か1つでも夢中になれるものが見つかるといいですね!

 

私にとって、それはサーフィンです。

Enjoy surf!!

【ポイント解説】金ちゃん家前:他がクローズなら金ちゃん家前に向かえ!!

 

ポイント解説第3弾。

今回は北海道余市にあるサーフポイント「金ちゃん家前」についてご紹介します。

f:id:mksurf:20170611160336j:plain

金ちゃん家前ってどんなポイント?

メローな波質でのんびりサーフィンができるポイントです。独特の地形により、銭函や東小樽など他のポイントがクローズしているようなジャンクなコンディションの時でも金ちゃん家前だけはサーフィン可能だったりします。ビーチブレイクで、オフショアは西になります。トイレとシャワーはありません。冬シーズンを中心にコンディションが良く、10月〜4月がベストです。

金ちゃん家前ってどこにあるの?

f:id:mksurf:20170611152618p:plain

海沿いを走ると右手に余市自動車学校の駐車場が見えます。

f:id:mksurf:20170611152121j:plain

ここから波チェックできます。この駐車場の右側からゲットしていきます。

f:id:mksurf:20170611152820j:plain

ここからゲットします。階段と坂道を下りるのですが、滑って怪我しないように気をつけてください。ゆっくり降りていきましょう。

f:id:mksurf:20170611152020j:plain

波が良いところを見つけてパドルしましょう。正面だけでなく、左右に広い範囲でサーフィン可能です。

f:id:mksurf:20170611152023j:plain

他のサーファーが駐車場から見ていますので気持ち良くライディングできます。波に乗っている写真を撮ってもらったりするには絶好のポイントになります。

 

サーフィンだけじゃない余市の魅力

f:id:mksurf:20170611152219j:plain

ドラマ『マッサン』で話題となっていますが、ポイントのすぐ近くにニッカウイスキーの工場があります。ウイスキーを作る過程を見学できるだけでなく、試飲ができたり、工場でしか買えない期間限定のウイスキーが手に入ったりしますので、ぜひ行ってみると良いと思います。

f:id:mksurf:20170611152355j:plain

樽に入ったウイスキーがズラリ。一つ一つ風味が違うと説明していました。

f:id:mksurf:20170611152218j:plain

余市スコットランドの気候と似ていてウイスキー造りには適した環境なんだとか。

f:id:mksurf:20170611152305j:plain

これがマッサンか!! ”波待ちヤロウ”はドラマを見ていないので知らないのです。

f:id:mksurf:20170611152306j:plain

ニタは鎌倉に住んでいたことがあるみたいですね。その頃はサーファーなんていなかったんでしょうね。数人いたのかな?

f:id:mksurf:20170611152234j:plain

こちらが第1号のウイスキーです。歴史を感じます。

f:id:mksurf:20170611152235j:plain

ウイスキーがずらりと並んでいます。男はこの琥珀色の液体にロマンを感じる人が多いのです。

f:id:mksurf:20170611154258j:plain

今回購入したのはこちら。工場でしか購入できない限定ウイスキーです!!2000年〜2009年のウイスキーを何種類かブレンドしたものだそうです。2017年の今、そんな前のウイスキーが呑めるなんて、感動します。味はわからなくても、感動します!!お酒好きの方はぜひ金ちゃん家前でサーフィンして、工場見学してみてください。そして、呑んだ後は乗っちゃダメ、車もサーフィンもです〜。