波乗り海道パーリング

北海道でサーフィン!?日本最北の地、北海道の情報満載!波乗りブログ

ハワイの老舗サーフショップHICの歴史とロゴの意味

アラモアナショッピングセンターと言えば、サーファーとしてはHIC(ハワイアン アイランド クリエーション)が気になりますよね。

 

HICとは

「Hawaiian Island Creations」の頭文字をとってHICです。1971年からハワイでサーフボードを作っている歴史ある老舗のサーフボードメーカーです。その質の高いサーフボードは世界のトッププロから初心者まで、幅広いレベルのサーファーから愛されています。「ライフスタイルにサーフィンがあり続けること」を原点としており、その想いは創業以来ずっと続いています。日本では千葉県一宮に店舗があり、馴染みのあるメーカーとなっています。

 

HICカイルア店

1971年にオアフ島のカイルアでバイクショップをオープンしたのがHICの始まりでした。1974年にカイルアにサーフショップをオープン。今も同じ場所にHICの店舗を構えています。 
f:id:mksurf:20170919230345j:image

こちらがカイルアのHIC
f:id:mksurf:20170919230415j:image

ちなみに、隣にはROXYがありました。

 

その後アラモアナショッピングセンターなど店舗を増やしていき、1997年には千葉県に、2000年には東京に進出しています。

 

ロゴの意味は?

f:id:mksurf:20170921185619j:plain

有名なロゴですが、このロゴの意味は知りませんでした。ロゴを上から順番に見ると、太陽、火山の噴火、島、波という4つの要素をまとめたデザインとなっていることが分かります。。このロゴ自体がハワイそのものを表していたのですね。

 

HICアラモアナ店

アラモアナショッピングセンターのHICに行ってきました。ショッピングセンター内にあるということでしたが、なかなか見つからずに苦労しました。駐車場の近くにマクドナルドがあって、その近くにありました!

f:id:mksurf:20170904131504j:image

目を引くカラーのロングボードが目印です。さっそく入店してみましょう!
f:id:mksurf:20170904131521j:image

まず、店内をぐるぐるサーフボードが回っていて驚きました!回転寿司ならぬ、回転ボードです。これを考えた人、発想が豊か過ぎます。回っているのはショートボードだけでした。ロングボードはないのかな、と店内を見回すと・・・
f:id:mksurf:20170904131539j:image

奥の方にミッドレングスとロングボードも置いてありました。当然ですがラインナップはHICのものばかりです。ここにもソフテックとキャッチサーフのソフトボードが置いてありました。やはり、今年はソフトボードが良く売れると仰っていました。

 

サーフボード以外にも 

サーフボード以外にもボードショーツやTシャツ、ラッシュガード等、多くのサーフグッズが揃います。最新のGopro5が400ドルで売っていましたが、安いのではないでしょうか?波待ちヤロウはGoproのマウントを20ドルでゲットしました(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

 

これからGoproをつけて海に行ってみようと思います。今日はどこで入ろうかな〜。

 

ハワイに来たらアラモアナショッピングセンターは多くの方が訪れると思います。ハワイに行ったら立ち寄りたいお店の1つです。

サーフボードファクトリーアウトレットへの行き方とお店紹介 ~ハワイで格安サーフボードを購入しよう~

f:id:mksurf:20170906000455j:imageハワイのサーフボードファクトリーアウトレットはご存知でしょうか。新品のサーフボードが格安で買えるということで話題になっています。ただ、カポレイ地区というワイキキから外れた場所にありアクセスが悪いため、行きたくても諦めるサーファーが多いというのも事実です。そこで、私”波待ちヤロウ”がハワイに行きましたので、このサーフボードファクトリーアウトレットに公共の移動手段を用いて行ってみることにしました。謎に包まれていた行き方やお店の雰囲気などお伝えできたらと思います。

 

行き方は?
f:id:mksurf:20170912212540j:image

アラモアナショッピングセンター山側からエクスプレスCに乗ります。乗り場はスターバックスマクドナルドの近くです。The Busの40番でも行けますが、1時間40分ほどかかりますので、できたらエクスプレスCに乗りたいところです。
f:id:mksurf:20170912212641j:image
料金はどちらに乗っても2ドル50セントと格安です。f:id:mksurf:20170912211223j:plain

エクスプレスCに40分ほど乗りカポレイショッピングセンターで降ります。
f:id:mksurf:20170912212826j:image

アロハスタジアムが左手に見えたらもう少しです。
このカポレイショッピングセンターからサーフボードファクトリーアウトレットまで車で10分くらいですので、タクシーを呼んでもらいお店へ向かいました。タクシー乗り場がないので、電話で呼んでもらうか、自分で電話して呼ぶことになります。タクシーの番号は422-2222です。タクシーの料金は15ドルくらいかかりました。

 

どんなお店?

f:id:mksurf:20170905234926j:image

こちらが外観。サーフボードがたくさんあるとは思えないような、質素な感じです。

f:id:mksurf:20170905235749j:image

f:id:mksurf:20170905234945j:image

車の方はこの看板の前辺りに自由に駐車していました。

f:id:mksurf:20170905235653j:image中に入ると腰が抜けるほどたくさんのサーフボードがあり、テンションが上がります!!ここに1日いても飽きないくらいワクワクします。店員さんが話しかけてきて、ロングボードが欲しいことを伝えると、ロングボードは2階にあると案内されました。

f:id:mksurf:20170905235714j:image

階段にサーファーがチューブライドしている絵が書いてあり、これもたまりません。

f:id:mksurf:20170906000716j:image

上にあがるとものすごい数のロングボードが立てかけてありました。

f:id:mksurf:20170906000051j:image

四方八方サーフボードでいっぱいです。これは夢か・・・?

f:id:mksurf:20170906000535j:image

あれもこれも欲しくなります。

f:id:mksurf:20170906000652j:image

こんなにワクワクすることがあるでしょうか。サーファーにとって夢の国、サーフボードファクトリーアウトレット!!SFO〜!!

f:id:mksurf:20170906000030j:image

こんなにサーフボードが並んでいて選び放題だなんて、もう大興奮です!!店員さんは「何かあったら聞いてね」と英語で言い残し、すぐ下に降りていきました。時間や人目を気にせず自由にサーフボードを見ることができました。

 

どのくらい安いの?f:id:mksurf:20170905234829j:image

どれも新品なのにびっくりするくらい安いのです。

f:id:mksurf:20170905234855j:image

日本でロングボードを買うと1本20万円しますが、ここでは10万円以下で新品のロングボードが手に入ります。しかも、フィンまで付いてくるというので驚きです!!

f:id:mksurf:20170905234720j:image

中には6万円程度で買えるロングボードもありました。

f:id:mksurf:20170906000606j:image

もちろん、ショートボードもたくさんストックしてあります。ショートボードは白いボードがメインですが、色付きも置いてあります。

f:id:mksurf:20170906000323j:image

安いですね〜。

f:id:mksurf:20170906000351j:imageショートボードは5万円程度で新品が手に入ります!!

f:id:mksurf:20170906000117j:image

波待ちヤロウ、着いて数分後にはここでサーフボードを買うということを決心していました。2本に絞った結果、HICのミッドレングスを購入することに決めました。ロングボードはワイキキのSurf Garageで購入することにします。

 

取り扱いボードは?

お店に行く前の勝手なイメージでは、サーフボードファクトリーアウトレットにはHICのサーフボードしかないのかと思っていました。しかし、実際にお店に足を運んでみると、HIC以外のボードもたくさん置いてあることがわかりました。

f:id:mksurf:20170905235922j:image

f:id:mksurf:20170912210935j:plainKahanamoku Sons Surfboardf:id:mksurf:20170906000756j:imagef:id:mksurf:20170905235309j:plainf:id:mksurf:20170912210812j:plain VERCELLI

f:id:mksurf:20170912210535j:plainRIDE SURFBOARDS

f:id:mksurf:20170906000254j:image

スタンドアップパドルのボードもたくさん置いてありましたので、SUP好きにもオススメです。

f:id:mksurf:20170906000816j:image

SUPのボードもカラフルで綺麗ですね。 

f:id:mksurf:20170906000900j:image

SUPボードのことはあまり知らないのですが、140ドルくらいの物が多かったように思います。これも恐らく安いのでしょう。

f:id:mksurf:20170906000837j:image

漕ぐやつ(オール?)もありましたよ。

 

ワイキキまで帰る方法

サーフボードがあるので、大きな車が必要になります。お店でタクシーを呼んでもらいましたが、お店の人がサーフボードがあることを説明してくれてエスティマのような全長の長い車がきました。サーフボードを積み込んで、ワイキキのホテルまで帰りました。30分くらいで到着し、運賃は約100ドルかかりました。ハワイのタクシーではサーフボードを運ぶのに運賃にプラスして5ドルかかります。サーフボードの価格を考えると100ドルかかっても十分安いのですが、これからお店に行かれる方には可能であればレンタカーで行くことをオススメします。タクシーが来るまでの時間や乗り継ぎの時間を大幅に減らせると思います。他の国と比べると運転も難しくなさそうです。

 

まとめf:id:mksurf:20170906000004j:image

所要時間:3~4時間程度

かかった交通費:130ドル

レンタカーの方が良いですが、エクスプレスC(もしくはThe Bus40番)とタクシーを駆使すれば公共の交通機関でも余裕で行けます。サーファーにとっては夢のようなお店ですので、遠いからといって諦めたらもったいないです。ハワイに行ったらぜひ、サーフボードファクトリーアウトレットに行ってみてください!!

【ポイント解説】静内の波に乗る! 広尾方面サーフィン紀行

これまで北海道の意外と知られていないサーフポイントを様々ご紹介して参りました。

襟裳岬百人浜

日本海、石狩の安瀬

 今回もサーフィン雑誌やガイドブックには載っていないポイントについて取り上げます。場所は静内です。

f:id:mksurf:20170902011759j:plain

 

静内ポイントとは

上の北海道地図の🔴で示したところにあります。静内駅の裏側にあるのですぐに分かります。電車でも来れるポイントになります。車で行く際は、場所は分かっていても細い道が多くて分かりずらいので、ナビを拡大して道路をよく見て運転しましょう。
f:id:mksurf:20170822132531j:image

広尾フンベ、幌満でサーフィンをして、札幌に帰宅する途中、一瞬ですがサーファーらしき姿が見えました。とりあえず海岸線まで車を走らせてみると、サーファーが乗っていそうな車がありました。これはビンゴか!?
f:id:mksurf:20170822132548j:image

ほら、いました!!この旅でサーファーを発見する力がつきました。サーフポイント探しのコツは、サーファーらしき人が見えたらとりあえず車でGOです。(サーファーかと思って見に行ったら岩だったことも何度かありましたが・・・。)夕方、5名のサーファーがサーフィンを楽しんでいました。
f:id:mksurf:20170822132656j:image

結構ウネリが入ってきてます。海岸は広く開けていましたが、見た感じだとポイントブレイクのような感じでした。仲良く順番に乗っていましたよ。
f:id:mksurf:20170822132722j:image

海鳥が優雅に飛んでいます。時間の経過が遅く感じるような、のんびりできるポイントです。海辺でうたた寝してくつろいでいる人もいました。
f:id:mksurf:20170822132751j:image

上の写真は海を正面にして右側の景色です。白いマンションのような建物が2つ見えます。
f:id:mksurf:20170822132840j:image

おっと、よそ見しているうちにセットが来ていました!!結構良い波!!レフト、ライト共にロングライドできていました。サーフィンを終え、見学しているサーファーがいたので話を聞いてみました。ここはビーチブレイクで初心者でも安全にサーフィンできるそうです。知る人ぞ知るポイントですが、波が良いと結構賑わうみたいです。
f:id:mksurf:20170822132859j:image

みんな楽しそうに乗っています。ロングボードも楽しめそうなメローな波質です。普段、浜厚真で入っているからか、水がとても綺麗に感じます。地元サーファーは「水が汚いし浜厚真は行かないね。厚真よりちょっと水温低いけど、水が綺麗で空いてるし、こっちの方が良いんだよね。この辺波良いし、広尾まで行く必要もないよ。」と仰っていました。ここは波の良い日が多いのかもしれません。
f:id:mksurf:20170822132918j:image

たまに胸〜肩くらいの大き目の波も来ていました。波が割れるポイントは岸からそう遠くないので、あまりパドル力に自信のないサーファーも楽しめそうなポイントです。
f:id:mksurf:20170822132945j:image

最後は大量の海鳥が見送ってくれました。静内ポイントは今度来た時もチェックすることにします。良いポイントを見つけることができてご機嫌トリップです!!

【ポイント解説】広尾の目黒ポイントは広尾フンベと波質が違う

フンベと並ぶ人気ポイント

広尾のフンベと言えば、北海道を代表するサーフポイントです。そのフンベの近くにあるポイントである目黒。目黒ポイントの場所は、サーファーが入っていればすぐ分かるのですが、朝早くて誰もいないと、どこにあるのか分かりずらいポイントです。

 

私、”波待ちヤロウ”も探すのに時間がかかりました。今度行った時にすぐ分かるよう写真を撮ってきました。これから初めて広尾方面にサーフィンしに行く方にとっても有益な情報になると良いなと思います。

 

目黒ポイントの基本情報 

フンベから襟裳岬方面に20分〜30分ほど運転したと記憶しています。襟裳岬から北上する方向だと、フンベより先に目黒を通ります。「目黒トンネル」に入る手前です。フンベはメローな波質ですが、目黒は速くてホレた波が来ると聞きました。実際目で見て確かめましたが、その通りだと感じました。地元のサーファーに聞いても「クセがある」という目黒の波。ビーチブレイクで初心者でも安心ですが、波質を考えると中級者〜上級者が楽しめるポイントなのかもしれません。シャワー、トイレはありませんでした。駐車スペースはいくらでもあります。

 

目黒ポイントの写真
f:id:mksurf:20170822131936j:image

こんな感じのロケーションです。右手にテトラや堤防が見えます。
f:id:mksurf:20170822132015j:image

今日はコンディション悪かったですが、良い時はフンベと同じくらい賑わうみたいです。聞いていた通り、早い波でした。
f:id:mksurf:20170822132038j:image

ビーチブレイクなので安心です。
f:id:mksurf:20170822132107j:image

今日はちょっと入るには寂しい波でした。
f:id:mksurf:20170822132137j:image

上の写真は海を正面にして左側の景色です。
f:id:mksurf:20170822132157j:image

目黒ポイントを探す時は、この棒が目印になります。
f:id:mksurf:20170822132222j:image

後ろを振り向くとこんな景色。車で黄金道路を北上していると、右手に見下ろす感じで目黒ポイントが見えます。
f:id:mksurf:20170822132245j:image

足元はこんな感じ。石コロと、短い流木がたくさん落ちていました。

 

残念ながら今回はコンディションが悪く、目黒でサーフィンできませんでしたが、今度、広尾にサーフィンしに行ったら、リベンジしてみたいと思います。次回は迷わず目黒ポイントまで行けそうです。

 

 

競馬好きサーファーにはたまらない門別、日高、浦川、広尾方面でのサーフトリップ

 

f:id:mksurf:20170822135316j:image北海道の南、襟裳岬周辺にはたくさんのサーフポイントが点在しています。サーフィンのガイドブックやインターネットであまり情報が出ていないため、どこでサーフィンできるのか知るのは意外と困難だったりします。日高、門別、静内、浦河方面でサーフィンした際、この辺は競馬好きのサーファーにオススメのエリアだと思ったのでご紹介します。

 

門別競馬場がある

競馬にあまり詳しくない人も「大井競馬場」という名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。地方競馬の中でも大井競馬場に匹敵するほどの規模を誇るのが「門別競馬場」です。1997年に完成した門別競馬場は、日本で最も新しい競馬場としても知られています。北海道の雄大な自然の中で、サラブレッドのロマンを堪能することができる、競馬好きにはたまらない夢のある競馬場なのです。飲食店もあり、地元の味を楽しむこともできます。ライトアップされたコースで馬が走るところを観戦するナイトレースがあるのも地方競馬の醍醐味です。

 

日本一の競走馬の産地f:id:mksurf:20170822135339j:image

競走馬牧場の7割近くが日高にあると言われています。車を運転していると左右あちこちに馬の姿を見ることができます。右手に海、左手に馬といった感じです。競馬に詳しくなくても、放牧された馬を見る機会などなかなかありませんので、楽しめると思います。鹿はこちらを見てきますが、馬は草を食べていてほとんど下を向いているということがわかりました。

 

サラブレッド銀座f:id:mksurf:20170822135357j:image

国道235号線を海沿いに走っていると、新冠町でサラブレッド銀座の入り口が見えてきます。そこから山側に車を走らせると、左右に放牧されている馬を見ることができます。距離がとても近く、感動します。手が届きそうですが、触れないように注意しましょう。運転しながらでは危険ですので、「サラブレッド銀座公園駐車場」がありますので、車を停めてゆっくり見学しましょう。

 

オグリキャップがいる

f:id:mksurf:20170822135418j:image

私も競馬には精通しておりませんが、「オグリキャップ」の名前くらいは聞いたことがあります。「優駿記念館」に行くとオグリキャップのお墓がありました。今もお墓詣りに訪れる競馬ファンが後を絶たないそうです。等身大のブロンズ像もあり、在りし日の活躍を思い出して懐かしい気持ちになるそうです。

f:id:mksurf:20170822135516j:image

 

まとめf:id:mksurf:20170822135435j:image

せっかく遠出して来たのですから、サーフィンついでに競馬観光してみてはいかがでしょう。日高方面でサーフィンをするなら、やはり静内と様似、広尾エリアがオススメです。サーフポイントの場所や解説については別記事で書いておりますので、ご参照頂ければと思います。

 

 

【ポイント解説】北海道でチューブライドするなら百人浜! 襟裳〜広尾方面サーフィン紀行

北海道サーファーに、北海道でチューブに乗るならどこがオススメか聞いてみたところ、頻繁に名前が挙がったのが襟裳岬を超えたところにある「百人浜」というビーチだった。百聞は一見に如かずということで、見に行ってきたのでご紹介します。

 

百人浜とは

f:id:mksurf:20170819102628j:image

襟裳岬から十勝方面に約10km続く美しい砂浜。波待ちしていて後ろを振り返ると、豊似岳や観音岳の雄大な景色が広がります。千葉県の九十九里浜を思い出すような美しく長い砂浜の海岸です。

 

隠れたサーフィンの名所

f:id:mksurf:20170819102549j:image

地元の観光ガイドブックに掲載されるほど、サーフィンに適したポイントです。波情報サイトにも掲載されていないため、意外と知られていない北海道の隠れ優良ポイントなのです。百人浜のベストシーズンは南うねりの入りやすい5月~10月。ビーチブレイクで地形次第で波質が変わります。トイレとシャワーはありませんが、車を停めるスペースはいくらでもあります。ビーチブレイクで比較的安全ですが、波が大きい時には初心者にはオススメできないポイントです。ある程度テイクオフできる中級者以上のサーファーなら楽しんでサーフィンすることができます。

 

年間を通し8割がオフショアf:id:mksurf:20170819102650j:image

北西の風がオフショアとなりますが、1年を通して約8割がオフショアになるそうです。地元の方は襟裳岬の西側にいたとしても、植物が風でどれだけ揺れているか見ただけで百日浜のコンディションがある程度予想できるみたいです。

 

雑誌「サーフィンライフ」の撮影も

波が大きい日にはチューブを巻く時も珍しくなく、北海道でチューブライディングしたいなら最もオススメなのがここ、百人浜です。有名サーフィン雑誌「サーフィンライフ」の撮影でも百人浜でチューブに乗っているサーファーの写真が使われたみたいです。

 

百人浜オートキャンプ場

北海道は広いです。ガソリン代がかかる分、宿泊代は抑えたいですね。皆さんどうしてるのか見てみると、道の駅の駐車場で車中泊する人が多いことがわかりました。続いて多いのがキャンプ場です。サーファーはアウトドア好きな方が多く、テントを張ってワイルドにキャンプする方も多いのです。

 

百人浜でサーフィンするなら、やはり百人浜オートキャンプ場が便利です。大人300円、子供200円と格安です。利用可能時期は4/20~10/20まで。チェックイン10:00~19:00、チェックアウト翌7:00以降。ゴミ捨てれます、シャワーあり。24時間使えるコインランドリーもあります。花火とペットは禁止となっています。

 

 

まとめ

あまり知られていませんが、静内、様似、襟裳、広尾と、良いサーフポイントが点在しています。波情報サイトで情報が入りませんが、うねりを良くキャッチできるためコンスタントに波があるエリアです。また、襟裳岬の手前と奥でコンディションが異なります。様々なポイントをチェックしながら向かうと良いのではないでしょうか。

 

札幌から広尾までの時間と高速代 〜北海道サーフトリップのススメ〜

やっと来た休日!通いなれてる浜厚真も良いけど、たまには少し足を伸ばしてプチサーフトリップでもしませんか?

 f:id:mksurf:20170826142111j:plain

北海道の南、道南にもたくさんのサーフポイントが点在しています。中でも広尾町は道内屈指のサーフポイントであり、プロを目指して本州から移住する方がいる程です。

 

以前、札幌から浜厚真まで高速道路と下道でかかる時間とお金について紹介しました。 

mksurf.hatenablog.com今回は広尾の人気サーフポイントである『フンベ』まで、車でどのくらい時間がかかり、どのくらいお金がかかるか、検討してみました。

 

パターン①

更別で降りるルート
f:id:mksurf:20170822133838j:image

料金:4650円

全工程:275km

 

パターン②

日高門別で降りるルート
f:id:mksurf:20170822133823j:image

料金:1700円

全工程:259km

 

まとめ

急いで行くなら更別ルート(①)

更別の方が所要時間が2時間短い

 

安く行くなら日高道(②)

日高道の方が片道2950円安い

往復だと5900円安い

 

その他のメリット

日高道ルート(②)なら多くのサーフポイントをチェックできます。

 

なんとビックリ、苫小牧東インターから日高門別までは無料区間なので、実は札幌から浜厚真に行くのと高速代は同じなのです!!

 

時間があれば、気軽にトリップしましょう!!

 

ちなみに私、"波待ちヤロウ"はいつも②ルートでポイントをたくさんチェックしながら向かいます。

 

少しでも参考になれば幸いです。

mksurf.hatenablog.com