波乗り海道パーリング

北海道でサーフィン!?日本最北の地、北海道の情報満載!波乗りブログ

サーフィン雑誌が読み放題!!(31日間無料)

ハワイ コナビール・種類別、味の特徴


f:id:mksurf:20171211115834j:image
ハワイに行ったらやっぱり美味しい料理に合わせて美味しいお酒が飲みたいですよね。ハワイには常夏の気候にぴったりな地ビールがたくさんあるのです。そこで今回はハワイで長く愛されるコナビールについてご紹介します。

 

『LONG BOARD』『BIG WAVE』…この名前、さすがサーフィン大国です。サーフィンが好きなら絶対に飲みたくなりますね。どんなビールなのでしょうか。

 

特徴は?


f:id:mksurf:20171211120023j:image

ハワイのコナ・ブリューイングという会社で造られた麦芽100%の本格的なビールです。長い時間をかけて低温熟成することにより、引き締まった苦味がありつつ、すっきりと爽やかな味わいのビールとなります。無濾過ですので、しっかり酵母が生きています。喉越しが良く、爽やかで口当たりの良いビールとなっています。今ではハワイと言えばコナビールというくらい定番となっていますが、生産開始は1994年と、意外と歴史の浅いビールメーカーなのです。

 

種類は?

直営店では10種類くらいありますが、日本でもおなじみの3種類をご紹介します。

 

『Long Board Lager』

ハワイ売上ナンバー1の地ビールで、日本でもおなじみになっています。日本のビールに似ていて飲みやすいのが特徴です。すっきりしていてハワイの風を感じます。ゴクゴク飲めるビールです。どんな料理にも合うと言われています。アルコール度数は4.5度です。

 

『Big Wave Golden Ale』

フルーティーなエールタイプのビール。こちらも日本で購入できます。ビールの苦味があまり得意でない方でも比較的飲みやすいタイプです。ピンクグレープフルーツのような爽やかな味わい。ブルーのラベルが爽やかで目を引きます。「ビッグウェーブ」もしくは「ゴールデンエール」と呼ばれます。サーファーの皆さんは飲んでみたくなる名前ですね。「Edie Would Go」このビッグウェーブ、エディなら行くでしょう。

 

『Fire Rock Pale Ale』

フルーティーな香りが特徴のビールです。コクがあり、程よい苦味が特徴です。アルコール度数は6.0%です。柑橘系に加え、カラメルの甘い香りが広がります。香り、味わい共にLONG BOARDやBIG WAVEよりも濃い印象。苦味と甘みのバランスが良いビールです。

 

コースターも可愛い
f:id:mksurf:20171213190209j:image
f:id:mksurf:20171213190234j:image

ラベルデザインのコースターも販売しています。波待ちヤロウも購入しました。友人を家に招待する時などに使うと喜ばれます。デザインはオアフ島のワイキキビーチがモデルとなっています。後ろに見える山はダイヤモンドヘッドです。ゆったりとしたあの時間を思い出しながら、ビールを楽しめます。

 

日本でも買える

種類は限られますが、日本でも購入することができます。

休日は自宅でハワイ気分を味わってはいかがでしょうか。

 

サーフィン雑誌が読み放題!!(31日間無料)