波乗り海道パーリング

北海道でサーフィン!?日本最北の地、北海道の情報満載!波乗りブログ

サーフトリップでトランクに積みたいキャンプギア17選

f:id:mksurf:20170716162250j:plainサーフィンと切っても切れない関係なのがキャンプ。サーフトリップをするならガソリン代もかかりますし、宿泊代だけでも浮かせたいですよね!キャンプなら経済的なだけでなく、楽しく過ごすことができて、旅の良い思い出にもなります。 今回はサーフトリップでトランクに積みたいキャンプギアをご紹介します。

 

ローテーブル

地面から近いローテーブルがあると便利!!椅子に腰掛けた時に物を置きやすいです。トランクに積むことを考えると、折りたたみ可能なタイプがオススメです。

 

カーミットチェア

バイクツーリング用として開発されただけあり、持ち運びに便利です。ただコンパクトなだけでなく、座り心地が抜群なのです!!

 

イエティ

f:id:mksurf:20180204033257j:plain

「クーラーボックスのロールスロイス」と称されるイエティのクーラーボックス。その保冷力と耐久性は圧倒的で、クマでも壊せないほど頑丈です。タンブラーも人気があります。

 

ダッヂオーブン

アウトドア料理と言えば、やはり思い出すのがダッヂオーブン。「とりあえず食材を入れて火にかけておけばたいてい美味しくなる」と言われています。

 

ケトル

やはり良い物は早くお湯を沸かすことができます。安い物があるからこそ、こだわると他の人と差がつきます。

 

トイモック

ハンモックと聞くと何だか設置が難しそうだし、片付けも面倒くさそう、というイメージがありますが、トイモックは違います!!コンパクトに収納できて軽いので持ち運びが便利。開くだけなので子供でも簡単に準備・片付けが可能。木がなくても使えるんです!!カラーバリエーションも豊富で、迷ってしまいますね。

 

モバイルバッテリー

f:id:mksurf:20180204033412j:plain

これがないと明日の波情報をチェックできなくなります。友達とも連絡が取れなくなりますので、安全面からも持っておいたほうが良いアイテムです。

 

ランタン

f:id:mksurf:20180204033428j:plain

コールマンのランタンは複数に分けることができるので、複数人いる時に非常に便利です。友達がトイレに行くのを真っ暗の中待つのは嫌ですもんね。ヘッドランプという選択肢もあります。

 

キャップ

みんな被っていてもやっぱり被りたい、KAVUのキャップ。浅めの形状に目を引くブランドロゴ。コットンキャンバス製で垢抜けています。キャンプ上級者に多い印象です。

 

 ドローン

f:id:mksurf:20180204033501j:plain

ドローンも価格がピンキリで、手に入りやすくなりました。拘りのキャンプを映像に収めちゃいましょう。サーフィンの空撮でも使えますしね!世界トップメーカーであるDJIからプロペラが折りたためてショルダーバッグに入るタイプのドローンが出ました!これにより車のトランクに積みやすくなりました。

 

シャワー

何かと汚れますからね、車のシガーソケットから電源を取って使えるシャワーがあると便利です。波待ちヤロウも持っていますが、サーフィンの後にも使えて良いですよ!

 

ブランケット

奥さんや子供が寒がりますから。さらっとかけてあげてください。

 

ダウンシュラフ

最近ダウンジャケットでも勢いのあるNANGAのシュラフが狙い目です!暖かすぎてもダメなので、気温に対応した物を選ぶようにしましょう。

 

ピロー

車の中で寝ることもあるでしょう。頭の下に何か引かないと痛くて眠れませんからね。よく寝た者が翌朝の波を制しますので!

 

タープ

f:id:mksurf:20180204033637j:plain

日よけがないと肌がヤケドします。熱中症にもなりかねません。テントの中にずっといても寂しいですが、快適に外で過ごすことができます。キャンプにおけるリビングはタープの中です。

 

テント

f:id:mksurf:20180204033656j:plain

宿泊を伴う場合は持っておきたいですね。特に夏は最高に気持ち良いですから。波待ちヤロウはいつもサーフポイントの近くでテントを張って、寝る直前までお酒を楽しみます。朝起きてテントから出たらすぐ波チェックできる、というキャンプが好きです。

 

 

カーバ

f:id:mksurf:20180204033717j:plain

やっぱり陸上でもサーフィンのトレーニングがしたいのです!!

 

せっかくのキャンプですから、便利な物を持って、快適に楽しみましょう!!

あっ、でも不便を楽しむのもキャンプの醍醐味なんだよな〜。

ま、お好きにどうぞがキャンプですね!!