波乗り海道パーリング

北海道でサーフィン!?日本最北の地、北海道の情報満載!波乗りブログ

競馬好きサーファーにはたまらない門別、日高、浦川、広尾方面でのサーフトリップ

 

f:id:mksurf:20170822135316j:image北海道の南、襟裳岬周辺にはたくさんのサーフポイントが点在しています。サーフィンのガイドブックやインターネットであまり情報が出ていないため、どこでサーフィンできるのか知るのは意外と困難だったりします。日高、門別、静内、浦河方面でサーフィンした際、この辺は競馬好きのサーファーにオススメのエリアだと思ったのでご紹介します。

 

門別競馬場がある

競馬にあまり詳しくない人も「大井競馬場」という名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。地方競馬の中でも大井競馬場に匹敵するほどの規模を誇るのが「門別競馬場」です。1997年に完成した門別競馬場は、日本で最も新しい競馬場としても知られています。北海道の雄大な自然の中で、サラブレッドのロマンを堪能することができる、競馬好きにはたまらない夢のある競馬場なのです。飲食店もあり、地元の味を楽しむこともできます。ライトアップされたコースで馬が走るところを観戦するナイトレースがあるのも地方競馬の醍醐味です。

 

日本一の競走馬の産地f:id:mksurf:20170822135339j:image

競走馬牧場の7割近くが日高にあると言われています。車を運転していると左右あちこちに馬の姿を見ることができます。右手に海、左手に馬といった感じです。競馬に詳しくなくても、放牧された馬を見る機会などなかなかありませんので、楽しめると思います。鹿はこちらを見てきますが、馬は草を食べていてほとんど下を向いているということがわかりました。

 

サラブレッド銀座f:id:mksurf:20170822135357j:image

国道235号線を海沿いに走っていると、新冠町でサラブレッド銀座の入り口が見えてきます。そこから山側に車を走らせると、左右に放牧されている馬を見ることができます。距離がとても近く、感動します。手が届きそうですが、触れないように注意しましょう。運転しながらでは危険ですので、「サラブレッド銀座公園駐車場」がありますので、車を停めてゆっくり見学しましょう。

 

オグリキャップがいる

f:id:mksurf:20170822135418j:image

私も競馬には精通しておりませんが、「オグリキャップ」の名前くらいは聞いたことがあります。「優駿記念館」に行くとオグリキャップのお墓がありました。今もお墓詣りに訪れる競馬ファンが後を絶たないそうです。等身大のブロンズ像もあり、在りし日の活躍を思い出して懐かしい気持ちになるそうです。

f:id:mksurf:20170822135516j:image

 

まとめf:id:mksurf:20170822135435j:image

せっかく遠出して来たのですから、サーフィンついでに競馬観光してみてはいかがでしょう。日高方面でサーフィンをするなら、やはり静内と様似、広尾エリアがオススメです。サーフポイントの場所や解説については別記事で書いておりますので、ご参照頂ければと思います。

[rakuten:theusasurf:10021248:detail]