波乗り海道パーリング

北海道でサーフィン!?日本最北の地、北海道の情報満載!波乗りブログ

無料の波情報が想像以上に凄い!!波情報だけでなくサーフボードも手に入るという驚愕の事実!

無料でわかる波情報、第2弾!!

第1回目が好評だったため、今回も無料の波情報についてご紹介したいと思います。

ふとんクリーナーはレイコップ
f:id:mksurf:20170602112343j:image

当たり前ですが、サーフィンは波がなくてはできません。

 

仕事をしてる時に波があるのに、何で休みの日に限って波がないんだ…

 

サーファーであれば経験があると思います。1年に何回こう思うのでしょうか。でもだからこそ、乗れたときの喜びは他のスポーツでは味わえないくらい素晴らしいものがありますよね。今日はサーフィンできる波があるのだろうか…。せっかく行っても波がなくて海に入らずに帰ることもよくあります。

  

貴重な休日、海に行かない判断も大事 

どうして休日は時間が経つのが早いのでしょう。あっという間に1日が終わります。海に行っても入れないサイズだったら、海と自宅の往復で結構時間を無駄にしてしまいます。私みたいに波待ちするのが好きな人やパドルだけ出来れば良いという人にとっては話が別ですが。海に入れないのならそもそも海に行かないで違うことをして遊びたい人もいるでしょう。波情報をチェックすれば、テイクオフ出来ない位に小さい波の時には海に行かないという判断をすることができます。休日にサーフィンできないもどかしさは残りますが、割り切って違う趣味を楽しんだ方が有意義かもしれません。

 

無料の波情報でサーフボードが手に入る!?

どのポイントをチェックしに行くか迷うこともあります。そんなときに役立つのが波情報です。しかし、波情報は有料なことが多いですよね。

 

月300円だとして年間3600円。

 

サーフィンは一度ハマるとやめられません。

よく言えばおじさんになっても長く楽しめるスポーツです。

 

サーフィンを10年続けたとすると36000円。

 

30年続けたら10万8000円です。

 

こうなると1本新品のボードが買えるのです!

 

ケチだと思われるかもしれませんが、月数百円をなめてはいけないのです。

 

有料の波情報は値段に見合っているか?

もちろん、有料の情報サイトに登録すると、より多くの情報を得ることができます。ですが、果たして値段に見合った情報があるのでしょうか。年間を通してコメントはほぼ同じように感じてしまいます。

 

『 まずは風の弱い早いうちに 』

『混雑』

 

有料波情報に登録した事のある方なら一度は目にしたことがあると思います。自然相手のスポーツですから、予報通りにいかないことが多いのは皆さんもよくご存じだと思います。

 

いいから早く無料の波情報を教えてくれ

第1弾ではライブカメラによる無料の波チェック方法をご紹介しました。 

mksurf.hatenablog.com

場所によってはサーフィンしている様子までわかります。ライブですのでその時の生の情報が手に入るのも嬉しいです。今回ご紹介するのは、リアルタイムナウファスです。ふとんクリーナーはレイコップ

 

ナウファスとは 

国土交通省港湾局と各地方の整備局や開発局、研究所の相互協力のもとに運営されている全国港湾海洋波浪情報網のことです。Nationwide Ocean Wave information network for Ports and HArbourSの頭文字を取ってNOWPHASと呼ばれています。2016年時点で、78の観測地点において波の情報を観測して無料で情報公開しております。北海道では苫小牧、留萌、石狩新港、潮棚、十勝、釧路、紋別の波の大きさを知ることができます。苫小牧にある浜厚真や留萌エリア、広尾でのサーフィンを検討している際にとても参考になります。

ナウファスはこちらから見れます

リアルタイムナウファス: 国土交通省港湾局 全国港湾海洋波浪情報網

 

  

 

映画エンドレスサマーから学ぶ波チェックの心得

 本当に必要な波情報とは何か、ということですが、 サーフィン出来るだけの波があるかどうか。これだけで十分です!!

 

あとは現地に行って自分の目でチェックすれば良いのです。

 

行ってみて自分の目で確かめる。それ以上に良い情報はないと思うのです。

 

映画『エンドレスサマー』でも海岸沿いを車で走りながら自分の目で波チェックをして、良さそうなら入ってサーフィンします。

 

自分の目で見て判断する、これこそがサーフィンの醍醐味だと思うのです。そうすることで波を見る目も養われます。

 

無料で最低限必要な情報を入手して、どんどん海へ出掛けましょう!!それこそが上達の1番の近道です。

 

 さて、今週末はどこで波待ちしましょうか。

Enjoy Surf!!